土地の売買契約に当たって、法律相談が多いです。その理由には、権利関係が複雑に関与するのが、売買行為です。

こんな時は法律相談をしてみよう
こんな時は法律相談をしてみよう

土地売買に関しての法律相談も多いです。

法律行為の中で、最も日常的な行為は、売買です。日常生活での売買行為が法律行為であると認識される方も少ないですし、それを理解される方も少ないと思います。しかし、高額な商品に於いて、売買行為は危険が多いです。特に土地や建物などの不動産の売買行為は、危険のリスクが極めて高いと言えます。そんな不動産売買に法律相談は付き物です。買い手と売り手、双方の間に法律行為が生じます。そこにあるのは、権利関係です。所有者として、登記簿上の権利者が、真の所有者とは限りません。それは日本の登記制度が、公示主義としてのそこに公信力が存在しません。登記の公信力と言うのは、登記簿に所有者として登録されている者が、真の所有者として言うことを前提にしていることです。

しかし、日本の法律上、登記にはあくまでも対抗要件としての意味しかありません。つまり、登記簿に登記されている所有者が、真の所有者であると言う事ではありません。そこに、法律的な矛盾が生じます。国家としての法制度の中に、矛盾があると言う事は、それだけ法律的な混乱が生じます。そこに、土地売買の矛盾が生じると言う事です。権利関係に於いて、誰が所有者であるか分からない中で、売買行為が行われているのが、現状の法律行為と言うことです。そこに法律相談が、日常必要と行為とされます。

お役立ち情報

Copyright (C)2017こんな時は法律相談をしてみよう.All rights reserved.